岡山で注文住宅をつくるならベル・ホーム BELLE HOME

MENU

ハウスINハウスとは?

House in house

ハウスINハウスとは?

夏涼しくて冬暖かい、そんな快適な空間をお住まいを作りませんか?
思い入れのある今の家を壊さずに、内側に新たな壁をつくることで生活に必要な部分だけ新築同様の快適な空間を創る。
それが家の中に家をつくる『ハウスINハウス』です。

お住まいになる空間だけに工事を施すことにより、必要な部分にだけお金をかけて、光熱費も削減してしまう賢いリフォーム方法です。

ハウスINハウス3つの特長

従来の断熱リフォームは、壁を一度解体し、断熱材を入れて、また仕上げをする、という工事が必要という問題点がありました。
また一般的な断熱リフォームですと壁内に断熱材を入れなおしますが、実はその場合ですと筋かえやコンセントBOXの付近などに隙間が出てしまうケースもあり、施工の難しい部分が多数あります。少しでも隙間ができると、そこで熱欠損が起き、内部結露が起きてしまいます。
ハウスINハウスは、オリジナルのパネルにより実現した3つの特長でそれらを解決しました。

01

壊さない

オリジナルパネルで強度と断熱性能を両立させ今の家を壊さずに必要な場所だけリフォーム。

02

安心価格

従来のリフォーム工事は、工事が始まってから家の状態が分かることも多くあり、多額の追加の金額が発生する事も少なくありません。
ハウスINハウスなら家の現状をまずは調べてカルテにし、どの部分の工事を行えばいくらになるか、その場で分かるので安心です。

03

短い工期

最短で一週間の場合もあります。リフォームで工期が短い事はとても重要になってきます。
家を壊さない為、工事しない場所以外は通常の生活を続けられる事もポイントです。

断熱リフォームって?

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。住宅の外部から 熱が逃げないように「断熱」してあるので冷暖房の効率もよく、夏涼しく冬暖かい快適な住環境が実現できます。また省エネにもなり、夏も冬も外気温の影響を受けにくく室内の温度差が少ないため、熱中症やヒートショックなどを回避してくれます。

断熱性能

約95%の住宅は
「次世代省エネ基準」を満たしていない
断熱が不十分な寒くて暑い家

出典: 国土交通省調べ(2012年)統計データ、 事業者アンケート等により推計

断熱性能が高い家 3つのメリット

01

夏は涼しく 冬は暖かい

断熱リフォームをするとエアコンの冷気・熱気を逃がしません。
一年中快適な住まいにできます。

02

光熱費が安くなる

省エネルギーでリフォーム後のランニングコストを抑え、さらに光熱費も抑える事ができ、家計に優しいです。

03

部屋の温度差をなくし、家族の健康を守る

部屋の温度差がなく、体の負担を減らしてくれます。

よくあるご質問

工事期間について

リフォーム工事の期間はどれくらいかかりますか?
工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況により変わります。
一般的には、内装工事では約一週間、内装工事と水廻りの設 備の交換などの全面改装で約1カ月、間取り変更も含む全面改装となると約2カ月となるケースが多いです。
一方、「ハウスINハウス」では建物を壊さ ずリフォームすることが可能なため、建物状況によりますが、例として基本プラン:浴室・洗面・キッチンの水廻りも含む17.5畳のリフォーム+断熱工事で最短7日 です。工程が複雑で対応箇所が多いと長くかかる事もあります。

工事規模について

部分的なリフォーム工事も可能でしょうか?
はい、予算規模に関わらず、まずはご相談ください。

工事中の引越について

工事中、仮住まいや引っ越しは必要ですか?
ご提案の際にまずは工事スケジュールをご説明致します。住みながらの工事の場合、仮住まいがおすすめの場合がございますので、お客様のご要望と状況 に応じて進めていきます。仮住まいが必要になった場合は、仮住まいの紹介などお手伝いさせて頂きます。
御遠慮なく要望をお申しつけください。

リフォームのお問合わせはこちら