お客様にとって最も理想的な家を実現していきます

0120-960-955

instagram

pinterest

youtube

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ページの先頭へ戻る

STUDIO
SHOWROOM
  • RSK展示場
    〒701-0164
    岡山市北区撫川1575-1
    RSKハウジングプラザ内
    TEL:086-250-0801
    open 10:00 - close 17:00

  • 問屋町展示場
    〒700-0977
    岡山市北区問屋町15-101
    問屋町テラス内
    TEL:086-250-1134
    open 10:00 - close 17:00

  • 勝央展示場
    〒709-4316
    勝田郡勝央町勝間田59-15
    TEL:0120-960-955
    open 10:00 - close 17:00
    ※予約制

blogニュース&ブログ

未分類

2013/04/05

史上最低の長期金利!

日銀の黒田東彦総裁による2%の物価上昇率目標の達成に向け、新たに「量的・質的金融緩和」を導入すると発表をうけて、長期金利の代表的な指標となる新発10年物国債の流通利回りは一時、前日より0・125%低い年0・425%まで下落しました。
長期金利は固定の住宅ローンの金利に影響を大きく及ぼすので、今回の日銀による「量的・質的金融緩和」は住宅を購入する人にとっては歓迎すべきものとなります。

  当社の資金セミナーでは、今の低金利の住宅ローンや金利上昇のリスク等をお話ししていますが、長期金利の年0.425%という数字にはびっくりです。このことによって、一時的に固定金利の住宅ローンの金利の引き下げがあると思われます。まして、消費税増税が控えているこのタイミングは、住宅購入者にとって最適なタイミングだといえます。

 将来的な金利は誰もわかりませんが、景気対策のために政府・日銀が動き始めています。景気が良くなれば当然のことながら金利もあがります。永遠にこの低金利が続く訳ではありません。
 ということは、景気が良くなる(金利が上がる)前に低金利で住宅ローンを組むのが賢い選択の一つだと思われます。

P10108892.jpgのサムネール画像のサムネール画像

アトリエ建築家とつくる高気密高断熱の家はベル・ホーム(Belle・Home)へ

https://www.belle-home.jp/

お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから
 

Welcome!Welcome!

まずはベル・ホームの家づくりを
「体験」してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら0120-960-9550120-960-955

STUDIO
SHOWROOM
© 2021 佐藤建設 Inc.