pinterest

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

土地探し、資金計画、プランについてなど、
どんなことでもご相談ください

問屋町スタジオ 〒700-0977 岡山市北区問屋町23-101 1F open 9:00 - close 18:00

blogニュース&ブログ

家づくりコラム

2020/05/19

【コラム】★4つの窓

 

 

住宅の高気密・高断熱の重要性については過去のコラムで説明してきました。

今回は特に断熱性を高める窓についてお話したいと思います。

 

皆さん少し想像してみてください。家の中で一番外気の影響を受ける場所ってどこだと思いますか?

それは窓の側ではないでしょうか。確かに断熱材がしっかり詰まった壁よりもガラス製の窓の方が外気の影響を受けることは何となく想像できますよね。

 

ではこの窓からの外気の影響をなるべく無くすための方法はないのでしょうか。

その一つとして樹脂窓が挙げられます。

樹脂窓とは、窓のサッシが樹脂製でできている窓のことです。

従来、サッシといえばアルミサッシが主流でした。

アルミのメリットは、軽くて腐食に強いところ。加工もしやすくユストも安いため、多くの住宅で使われてきました。一方デメリットは、熱を伝えやすいため断熱性が低いことなんです。(確かにアルミ鍋の取っ手は樹脂で作られていますよね。直接アルミ部分に触っってしまったらえらいことになっちゃいます!)

この点、樹脂サッシの熱伝導率はアルミの1000分の1!

さらに断熱・遮熱・気密性に非常にすぐれています。

夏は日射しによって温められた暑い空気の70%近くが窓から室内に入ってくるといわれていますが、窓の遮熱性・断熱性を高めるとその暑い空気を伝えにくくするため、室内の温度上昇をおさえることができます。

 

逆に冬は家の中であたためた空気の50%近くが窓から逃げてしまいます。窓の断熱性能を高めると室内であたためた空気を逃がしにくくするため、室内の温度低下をおさえることができます。

冬場に窓際がヒヤッとする「コールドドラフト」現象が起こりにくく、北海道など寒い地域を中心に採用が広がっています。

 

このように窓の種類によって断熱性能を高めると夏も冬も少ないエネルギーで快適に過ごすことが出来ます。断熱性の高い窓を採用すると、省エネにもなるんです。

樹脂窓は実は家計にもやさしいんです。

一度取り付けたら、お金のかからないエアコンともいえるかもしれません。

 

 

また、樹脂サッシは、気密性が非常に高い為、家の外からの騒音を遮る遮音、家の中からの騒音を防ぐ防音の効果があります。交通量の多い道路や、線路、商業施設のそばにある住宅、楽器の練習音や、ペットの鳴き声が気になる家庭には、ありがたい効果といえます。

 

 

さらに、樹脂サッシは室内外の温度差で生じる結露を大幅に防ぎます。結露が発生しにくいとうことは、湿気による家の劣化を防ぎます。また、湿度の高い室内に発生するカビやダニを防ぐので、家族の健康を守ります。

外気の影響を一番受ける窓だからこそ、性能にこだわって選択することが、快適な住環境への近道なのではないでしょうか。

 

ベル・ホームではYKK APのAPW330という建材が窓の標準仕様となっています。

国内最高基準の断熱性を誇り、「省エネ建材等級」のおいて最高等級の★★★★の商品です。

高気密・高断熱住宅と相性抜群の窓といえるのではないでしょうか。

 

 

 

さらにAPWシリーズは2011年度にグッドデザイン賞を受賞するほどスタイリッシュなデザインにも定評があります。ベル・ホームのRSK展示場問屋町展示場勝央展示場全てでご覧いただけます。ぜひ実際にご覧いただければと思います。

 

 

 

無料相談会

0120-960-955

メールでのお問い合わせ 来場予約はこちら

まずはベル・ホームの家づくりを
「体験」してみませんか?

ページの先頭へ戻る