岡山で注文住宅をつくるならベル・ホーム BELLE HOME

MENU

先輩社員紹介

Interview

先輩社員紹介

先輩社員紹介

現場監督は「縁の下の力持ち」と言える存在
お客様と心の距離を縮める接客を目指したい

2018年新卒入社
住宅事業部 工務部 坂元将悟

現場監督は
「縁の下の力持ち」
と言える存在
お客様と心の距離を
縮める接客を目指したい

2018年新卒入社
住宅事業部 工務部 坂元将悟

先輩社員紹介

昔から建築業界で働こうと決めていたんですか?

建築に興味を持ち始めたのは小学生くらいの頃で、姉がパソコンのソフトを使って間取り図みたいなものをつくっているのを見て、マネして図面を作成したことがきっかけでした。そこから家をつくる面白さを感じて、将来は建築の道を目指すことを決めました。通っていた広島の大学を卒業したあとは「地元で働きたい」という想いが強くあったので岡山に戻って就職活動を始めたんです。

ベル・ホームを選んだ理由はなんですか?

将来、建築家になるために住宅の建設設計の仕事を目指していたので、ゼネコンや大手不動産会社ではなく、注文住宅を扱う工務店やハウスメーカーに絞って就職先を探していました。その中でもデザイン性と機能性を両立できる「R+house」の注文住宅にこだわった会社で仕事がしたいという想いが強くありましたね。条件に沿う会社がいくつか見つかったんですが、ベル・ホームのコーポレートサイトを見たときに、住宅デザインの洗練さやアットホームな社風に惹かれました。なにより決め手になったのが“建築家と一緒に仕事ができる”ということ。建築家が考えるコンセプトや最新のデザインに触れて仕事することができ、いろいろと学べそうだなと感じました。

入社して約1年経ちましたが、仕事には慣れましたか?

面接のときに設計志望と伝えたところ、「どうやって家が建つのかを知るには現場を見るのが一番。これから家づくりに関わっていくなら現場監督を経験したほうがいい」と本部長からアドバイスを受け、入社してからは工務部に配属されました。工務は、現場監督として工事の工程・品質・安全・予算の管理業務が主な仕事です。工事全般に詳しくならないと現場の職人さんに指示ができないので、学ぶことがたくさんあって最初は頭がパニックになりました(笑)。基礎工事の施工士さん、大工さん、左官職人さん、建具屋さん、設備工事屋さんといった現場に出入りするさまざまな職人さんを取りまとめ、指示しないといけません。家づくりに携わる職人さんと工事全体のディレクションを行うため、「縁の下の力持ち」とも言える重要な立場だと思います。プレッシャーも大きいですが、着工からお客様に物件を引き渡すまでが私の役割なので、早く一人前になれるよう日々先輩から指導してもらっています。

先輩社員紹介

1日の仕事の流れを教えてください。

内勤のときは、管理業務の事務作業がメインです。出社してから、現在担当している現場の工程確認や施工作業を担当してもらう各業者への連絡、建材・設備等の発注、営業や設計、インテリアコーディネーターとの打ち合わせなどを行います。作業工程の変更や発注の遅れなどがあった場合は現場へ向かい、職人さんたちが現場で混乱しないように伝達と入念な打ち合わせを徹底しています。現場から現場への移動で時間がないときは車の中で昼食を取ることもありますね。毎週金曜の夕方には、ご注文いただいたお客様に工事の進捗具合と来週の予定を電話でお伝えして、そのときにお客様が不安に思っていることを解決できるように丁寧に説明させていただきます。

お客様との接客でとくに心がけていることはなんですか?

わからないことや疑問に思うことを率直に言葉にしてくださるお客様もいれば、なかなか言い出せないという方もいらっしゃいます。マイホームは一生に一度の大きな買い物ですから、後悔だけはしてほしくありません。ですから、ほんの少しでも心にある不安をとりのぞいてあげられるような、本音を引き出せるようなお声がけをするように務めています。遠慮がちなお客様には、「なんでも聞いてくださいね!」と明るく接するようにしています。

どんなときにやりがいを感じますか?

入社当時、先輩の付き添いで物件の引き渡しの現場を経験しました。そのときのお客様と先輩が笑顔で話している瞬間が印象に残っています。「あ~、家づくりってお客様だけじゃなくて、喜んでいるお客様を見る自分たちも笑顔になれるんだな」と。それって理想の家が完成したということだけでなく、私たち工務店のスタッフがお客様と密にコミュニケーションを取ってきた証拠だと思うんです。完成した家を渡したら終わりじゃなくて、アフターメンテナンスや入居後の相談までずっと関わりが続くことが、この仕事のやりがいなんじゃないかなという気がします。

これからの夢や目標を教えてください。

10月末からお客様の物件を任されるようになり、これからが現場監督として力をつけていく一歩だと感じています。骨組みや柱が立ち、家のシルエットが見えてきたときに実感が湧いたんです。「図面でしかイメージしていなかった家がこうして現実のものになっていく。自分はお客様の夢の住まいづくりにいま確かに関わっているんだな」と。当初は建築家になるのもいいなと漠然とした目標を持っていましたが、今は現場監督として一人前になることが目標です。部署の先輩や上司だけでなく、職人さんにも優しく声をかけてもらい、支えられています。お客様とも現場の職人さんとも心の距離を縮めるコミュニケーションをたくさんとって、「坂元さんに頼んでよかった」と言ってもらえるようになりたいですね。

先輩社員紹介

求職者の方へメッセージをお願いします。

ベル・ホームに入社してからはじめて、家を建てるのにほんとうにたくさんの人が関わっていることを知りました。そういった家づくりに真摯に向き合う職人さんの建築技術と、理想をカタチにする建築家の設計デザインがつくるベル・ホームの住宅は、お客様の夢を具現化したものです。そんな夢の家づくりに関われたという達成感がこの仕事の醍醐味だと思います。ここで働く人は建築が大好きで、人と接するのが大好きな社員ばかり。毎日いい刺激をもらえますし、未経験でも丁寧な指導があるからしっかり基礎が学べます。地域に密着した工務店なので、お客様の喜びと笑顔を生む仕事ができます。「地元に貢献する仕事がしたい」という方は、私たちと一緒に楽しく働きましょう!

「お金・土地・間取りの家づくりの無料相談会」 ほぼ毎日開催中

家づくりの疑問や不安をスッキリ解消できます!

  • どのくらいお金がかかるの?
  • どんな土地を選べばいいの?
  • 注文住宅を建てようと思っているけれど・・・
  • そろそろリフォーム、増改築を検討しないと・・・

家づくりの無料相談会 毎日開催中

  • 相談
    無料
  • 託児可
  • 予約制

相談無料 託児可 予約制

RSKショールーム

営業時間 9:00~18:00

0120-960-955

問屋町スタジオ

営業時間 9:00~18:00

086-805-6261

美作オフィス

営業時間 9:00~18:00(要予約)

0868-72-3477

お問い合わせフォームからのお申し込み

  • ①家づくりの無料相談会に行きたいにチェック
  • ②備考に詳しい内容をご記入