お客様にとって最も理想的な家を実現していきます

0120-960-955

instagram

pinterest

youtube

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ページの先頭へ戻る

STUDIO
SHOWROOM
  • RSK展示場
    〒701-0164
    岡山市北区撫川1575-1
    RSKハウジングプラザ内
    TEL:086-250-0801
    open 10:00 - close 17:00
    定休日:水曜日

  • 問屋町展示場
    〒700-0977
    岡山市北区問屋町15-101
    問屋町テラス内
    TEL:086-250-1134
    open 10:00 - close 17:00
    定休日:水曜日

  • 勝央展示場
    〒709-4316
    勝田郡勝央町勝間田59-15
    TEL:0120-960-955
    open 10:00 - close 17:00
    ※予約制

blogニュース&ブログ

未分類

2017/11/09

違いのわかる人

こんばんは!

すっかり寒くなり、私の通勤(自転車)が辛くなる季節になってきました。

以前から迷っていたコタツを購入したら、想像以上に暖かくて

今年は電気代を節約できるかも!と、気分までぬくぬくしている原田です。

 

そんな寒い季節のネタですが、先日もうすでにマイホームをお持ちのお客様が

ショールームを見学しに来場されました。

「もう建てちゃってるんだけど、素敵なデザインだったからちょっと見に来ました」と。

BELLE  HOMEのショールームには、そんなお客様もわりと多く来場されます。

もう建てた方のお話もいろいろ参考になるので、見学ご案内をしつつ、

住んでみていかがですか?と質問することがあります。

その日も住み心地についてお伺いしたところ、「今は不満はあまりないです」と。

現在、築8年目くらいで大手ハウスメーカーさんで建てられたそうです。

でもよくよく話を聞いてみると、住み始めて2年目くらいからすごく寒くて

家の窓をアルミサッシから断熱性の高いものに取り換えたそうです。

「じゃあ、もう冬も寒くないし、結露もない窓ですね!」と言うと、

「いえ、結露はしますよ」との返答が……

一瞬、「えっ?」っと固まりそうになってしまいました。。。

まだ10年未満のマイホームで、わざわざお金をかけて断熱性の高い窓にしたのに?

ということは、ストーブやファンヒーターを使っているのか、複合サッシなのか

気密性があまり高くないのか、その辺もちょっと気になって伺ってみました。

そのお客様はファンヒーターは時々使うそうです。

気密性に関しては「うちは気密性は高いですよ」と仰っていたので、

気密測定でC値はどのくらいでしたか?と聞くと、「測定はしてない」とのこと。

ん~~~、それってどうなんでしょう?

高断熱・高気密の家ならファンヒーターはなくても暖かいはずだし、

そもそも測定をしてないのに、どうして高気密だと分かるのか?

というか、高性能な条件がクリアしていれば結露も起こらないはずなんですが…

いやいや、はなから窓のリフォームだって必要なかったはず‼

 

なんだかやるせない気持ちになりました。

「不満はあまりないです」と仰っていたので、結露や暖房費、リフォーム代など

そのお客様からすれば、そんなに気にならないのかもしれません。

でも、私だったら、、、

めちゃくちゃ気になります‼

結露は掃除も大変だし、カビの原因で不健康だし、暖房費がかさむのも嫌だし、

そもそも快適さを買うために、住宅ローンと別で後からまた大金を払うなんて勿体ない!

だって、BELLE  HOMEは最初から省エネで快適なんだもの!!

 

どちらが本当に満足できる家か、皆さんならどう思われますか?

性能にしかり、デザインにしかり、コストにしかり、家づくりの楽しさにしかり、

違いを知ってこそ、将来までも快適な生活を手に入れられるのではないかな、

と思うんですよね・・・

 

なんかちょっとカタイ話になっちゃいましたが、、、

去年まではファンヒーターを使っていたけど、今年はコタツ生活を始めて

小さなことだけど、改めて快適さの違いに気づき、体感しました。

ということで、せっかくなので、もしこれから家を建てるなら、

皆さんも「違いのわかる人」になってみませんか?

Welcome!Welcome!

まずはベル・ホームの家づくりを
「体験」してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら0120-960-9550120-960-955

STUDIO
SHOWROOM
© 2021 佐藤建設 Inc.