お客様にとって最も理想的な家を実現していきます

0120-960-955

instagram

pinterest

youtube

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ページの先頭へ戻る

SHOWROOM
  • RSK展示場
    〒701-0164 岡山市北区撫川1575-1
    RSKハウジングプラザ内
    TEL:086-250-0801
    open 10:00 - close 17:00

  • 問屋町展示場
    〒700-0977 岡山市北区問屋町15-101
    問屋町テラス内
    TEL:086-250-1134
    open 10:00 - close 17:00

  • 問屋町スタジオ
    〒700-0977
    岡山市北区問屋町23-101 1F
    TEL:0120-960-955
    open 9:00 - close 18:00

  • 美作オフィス
    〒707-0004 美作市入田247-1
    TEL:0868-72-3477
    open 9:00 - close 18:00

blogニュース&ブログ

森本 幸菜

2022/05/25

【ダメな土地選び】新築一戸建て後悔しないために確認すべきポイント

岡山県で建築家とおしゃれで高性能な注文住宅を建てるならBELLE HOME(ベル・ホーム)にお任せください!

 

こんにちは、ベル・ホーム 営業の森本です。

 

皆さんが今住まわれている場所はどんな土地ですか?

 

“土地”と言っても、キレイに分譲されている土地もあれば、木々が生い茂る雑草地など、様々な土地があります。

 

これから土地を探される皆さまに、本日は土地を購入する際に知っておくべき大事なポイントをお伝えしようと思います。

 

▼目次


・土地購入の前に確認すること

 

・岡山県の地盤は弱い?!

 

・災害回避!ハザードマップの確認

 

・まとめ

 


 

■土地購入の前に確認すること

 

 

土地を探そうと思った時、皆さんはまず何をされますか?

 

とりあえずインターネットで検索してみて、気になる土地があれば不動産屋さんへ問い合わせるという方が多くいらっしゃるかと思います。

 

ここで注意していただきたいのが、一つあります。

 

それは、、、

 

“土地購入する前に、必ず住宅会社にも相談すること”です。

 

家を建てようと思われた時に、まずは土地から探さなきゃいけないと思われがちなのですが、そうなると土地を買ったは良いものの建物にお金が掛けられなくなる場合があります。

 

きちんと、【土地+建物+諸費用=総額】を確認して、自分たちの予算を把握した上で土地を選ぶことが大変重要になってきます。

 

また、希望エリアにキレイに整備された良い土地を見つけるとすぐに飛びついてしまうかと思います。

 

すぐに購入するのは、ちょっと待ってください・・!

 

こちらも注意が必要です。

 

その理由としては、、、

 

目に見えないものですが、「ライフラインの整備状況」です。

 

建物を建築するためには、必ず上水道・下水道・ガス・電気などを接続する必要があります。

 

「電気が通ってない」とか「上水道が通ってない」という事は市街地では基本的にあり得ませんが、土地に引き込まれているかは別の話なのです。

 

その土地の目の前の道路に通っている管は、多くは公的機関が管理しているものですが、基本的に敷地内の管は所有者が引き込む必要があります。

 

新しく開発された分譲地など、上下水道・ガス管が敷地内に引き込まれている場合は問題ありませんが、

 

例えばその土地に過去に一度も家が建っていたことの無い場合や、建っていた建物が古くて引き込まれた管の整備がかなり昔であれば、引き込まれていた管も古いため、寿命の問題で引き込み直す必要があります。

 

そうなると予想していなかった、工事費用が大きく掛かってきます。

 

前面道路の幅員や距離によって異なりますが、恐らく80万円~150万円程必要になるでしょう。

 

そのような想定外の費用が発生しないためにも、土地代以外に掛かる費用を事前に調べた上で土地を購入するようにしましょう。

 

■岡山県の地盤は弱い?!

 

そして、皆さんは「地盤改良工事」のことをご存じでしょうか。

 

実は岡山県は全国的に見てもかなり地盤が弱い地域となります。

 

そこで、建築するにあたって地盤を補強する必要があり、地盤調査にて必要だと判断された場合には地盤改良工事を行います。

 

地盤改良費は建物の構造規模・地盤改良の工法によって異なりますが、例えば木造2階建て延床面積100㎡ほどの建物であれば、80万円~200万円程度になります。

 

地質については、土地が過去にどのような状態だったかで変わります。

 

もともと丘であった地域と海であった地域では、液状化リスクが異なります。

 

例えば、海に近い地域では砂地盤が多く、砂がふんわりとしていて地下水位が高いことが多く、液状化が発生しやすい状態になっています。

 

一方、海や川に近くても標高が高い地域は、地下水位が低いため液状化は起こりにくいと言われています。

 

一般的に液状化の発生しやすい地域は、もともと川が流れていた場所や湿地等を埋め立てて盛土した土地となります。

 

検討している地域がもともとどういった土地だったのかを把握しておくことも大事になってきます。

 

また、こちらは建築する建物形状や大きさによっても金額は異なります。

 

平屋か2階建てなのかで変わってきますので、そちらも加味した上で予算はしっかり見ておきましょう。

 

■災害回避!ハザードマップの確認

 

そして、皆さんかなり重要視されるのが「ハザードマップ」です。

 

ハザードマップでは、洪水や土砂災害などの発生リスクがどの程度あるのかを確認することができます。

 

災害については、誰も予測できないですが少しでも安心して暮らすためにもハザードマップは大切です。

 

もちろん私たち住宅会社は、土地を紹介する際にはハザードマップを考慮して、土地柄なども把握した上でご提案いたします。

 

■まとめ

 

その土地の状況など、自分たちで調べるとなると限界があるかと思います。

 

そこは住宅のプロに任せて、一緒に土地探しすることをお勧めします!

 

色々とお話ししましたが今日お伝えした以外にも、

 

土地の種類・日当たりや風通し・間口の大きさや形状など、土地を選ぶ際に大事になってくるポイントはたくさんあります。

 

続きはまたの機会にお話しします!

 

失敗しないためにも、土地選びの大事なポイントを抑えてから土地探しを始めましょう!

 

土地に関しては、法令などから家を建てられない場合もあったり、プロでないとわからないことが多くあります。

 

土地のこともそうですが、家を建てようと思った時に、何から始めたら良いかわからないかと思います。

 

そんな時はまず住宅会社に相談へ行ってみましょう!

 

ベル・ホームでは個別相談のご予約を随時承っております!是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Welcome!Welcome!

まずはベル・ホームの家づくりを
「体験」してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら0120-960-9550120-960-955

SHOWROOM
© 2021 佐藤建設株式会社 Inc.