お客様にとって最も理想的な家を実現していきます

0120-960-955

instagram

pinterest

youtube

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ページの先頭へ戻る

STUDIO
SHOWROOM
  • RSK展示場
    〒701-0164
    岡山市北区撫川1575-1
    RSKハウジングプラザ内
    TEL:086-250-0801
    open 10:00 - close 17:00

  • 問屋町展示場
    〒700-0977
    岡山市北区問屋町15-101
    問屋町テラス内
    TEL:086-250-1134
    open 10:00 - close 17:00

  • 勝央展示場
    〒709-4316
    勝田郡勝央町勝間田59-15
    TEL:0120-960-955
    open 10:00 - close 17:00
    ※予約制

blogニュース&ブログ

未分類

2022/07/01

【家の印象は外観】外壁によって変化する印象とは

 

 

岡山・倉敷・津山で建築家とおしゃれで高性能な注文住宅を建てるならBELLE HOME(ベル・ホーム)にお任せください!

 

こんにちは。ベル・ホーム工務の本徳です。

 

本格的に夏になってきましたね。夏の敵といえば紫外線ですよね。

 

去年は紫外線を甘く見てしまい日焼け止めをさぼったまま外で作業してしまったせいで手首からの上下で日焼けの跡がくっきりついてしまい、後戻りできない状態になってしまいました。

 

半袖を着て出かけるのがとても恥ずかしかったです。

今年こそは昨年のようにならないよう、日焼け対策を徹底しようと心に決めています。

 

肌へのダメージも気になりますが、日焼けした肌の色と、自肌の色の違いによる見た目を一番に気にしてしまいます。

 

お家づくりに関しても外観は重視するポイントだと思います。

 

お家の外形もそうですが外壁の種類・色もお家の雰囲気を左右する大きな決め手とになります。

 

そこで今回は外壁の種類や特徴についてご紹介します。

 

▼目次


・【理想的な外観に】窯業系サイディング

・【おしゃれな演出】木製羽目板

・【スタイリッシュな仕上がりに】ガルバリウム鋼板

・【性能が優れた】ALC

・【表情豊かに】塗り壁


■【理想的な外観に】窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、板状の外壁材でセメント80%、繊維材20%で構成された外壁材です。

 

現在日本で建てられている住宅のうち約8割が窯業系サイディングを占めている人気のある外壁材です。

 

窯業系サイディングの一番のメリットは、色やバリエーションの多さです。

 

窯業系サイディングの中でも大きく分けて2種類あり、化粧サイディングと無塗装サイディングです。

 

ベル・ホームでもこの窯業系サイディングの2パターンが圧倒的に多いです。

 

例えば、レンガ調、タイル調、木目調などデザイン性が高いため、理想的な外観に近づけることが出来ます。

 

また、性能は不燃・準不燃材料として国土交通大臣認定を所得しているため、

耐火性に優れている点や総合的に他の外壁材と比べると比較的コストが抑えれる点でも選ばれている理由として挙げられます。

 

反対にデメリットとしては防水機能が低い点です。

 

表面には塗装が施されていますが表面の塗装がはがれてしまうと窯業系サイディングに雨水がしみ込んでしまう恐れが稀にありますが、

ベル・ホームでは外壁を貼る前の施工技術に優れているため、速攻性として雨漏りなどが起こることはありません。

 

 

参考

スタッフブログ【新築住宅の雨漏り対策】

 

■【おしゃれな演出】木製羽目板

木製羽目板とは、その名の通り、木製の外壁です。

 

古くから日本建築として浸透されてきましたが、現在では木の優しい雰囲気や自然にあう景観として選ばれることが増えています。

 

メリットとしては、張替が容易な点や質量が軽い為、家への負担が少ないといった点です。

 

反対に定期的なメンテナンスが必要となります。

 

約5年に1回の張替が必要になってくるため、その都度メンテナンス費用が掛かってきてしまいます。

 

また、日差しによって木が収縮してしまう点、耐火性能に劣る点、自然素材ならではの模様にばらつきが出てしまう点などがあります。

 

しかし、現在はアクセントとして玄関周りなどにレッドシダーやウィルウォールなどを貼る家も増えてきておしゃれな演出が可能です。

 

木材についてもそれぞれ特徴があるのでぜひご相談ください。

 

 

 

■【スタイリッシュな仕上がりに】ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%、亜鉛45%の合金でできた金属を加工した外壁です。

 

長尺使用ができ、つなぎ目が出にくいことからすっきりとしたシャープな印象を与えることが出来ます。

 

地震などに強く耐久性が高くひび割れが起こる心配もありません。

 

デメリットとしては、点として衝撃が加わった際にはへこんでしまったり、傷がついてしまう点があります。

 

窯業系サイディングのように豊富な種類があるわけではありませんがシンプルでスタイリッシュな仕上がりにすることが出来ます。

 

■【性能が優れた】ALC

ALCとは、(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)の略で軽量気泡コンクリートの略で珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末を主原料として住宅の外壁にも用いられることがあります。

 

ALCはコンクリートよりも軽く、耐久性、断熱性、遮音性、耐火性にも優れていますが、

つなぎ目が多いことからコーキング部が増えてしまう為、7~10年に一度、メンテナンスが必要になります。

 

コスト面を比較しても窯業系サイディングと比べるとコストが高くなる点がデメリットとしてあります。

 

※コーキングとは:シーリングとも呼ばれゴムのように弾力がある素材になります。

 

外壁の目地に使われ隙間から雨などが侵入しないよう使用されています。

 

また、建物が揺れた時や寒暖差で収縮してしまった場合にコーキングが衝撃を吸収し外壁のひび割れを防ぐといった効果があります。

 

 

■【表情豊かに】塗り壁

塗り壁の特徴としては土やセメントを水で練ったものを使って外壁の表面を仕上げていきます。

 

仕上げ材としては漆喰や珪藻土、ジョリパットなど種類があり、住宅模様や気候風土にあわせて選択することが出来ます。

 

メリットとしては目地がないためすっきりとした仕上がりとなり塗り方によって表情をつけることが出来、建物全体に立体的に見せることが出来ます。

 

デメリットとしてはコストが高い点と、どうしても劣化によるひび割れが生じるのでメンテナンス費用がかかってしまいます。

 

 

 

まとめ

今回は主に使用されている外壁の特徴を紹介させていただきましたが、他にもタイルの外壁など、細分化すれば様々な種類の外壁があります。

 

外壁選びは外観の雰囲気に大きく影響すると思います。

 

コスト面でも悩めるポイントだと思いますが、ぜひベル・ホームスタッフにご相談ください。

 

コストやデザイン性を含め、どの特徴を重視すべきかお家にあった外壁を一緒に考えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Welcome!Welcome!

まずはベル・ホームの家づくりを
「体験」してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら0120-960-9550120-960-955

STUDIO
SHOWROOM
© 2021 佐藤建設株式会社 Inc.