お客様にとって最も理想的な家を実現していきます

0120-960-955

instagram

pinterest

youtube

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ページの先頭へ戻る

STUDIO
SHOWROOM
  • RSK展示場
    〒701-0164
    岡山市北区撫川1575-1
    RSKハウジングプラザ内
    TEL:086-250-0801
    open 10:00 - close 17:00

  • 問屋町展示場
    〒700-0977
    岡山市北区問屋町15-101
    問屋町テラス内
    TEL:086-250-1134
    open 10:00 - close 17:00

  • 勝央展示場
    〒709-4316
    勝田郡勝央町勝間田59-15
    TEL:0120-960-955
    open 10:00 - close 17:00
    ※予約制

blogニュース&ブログ

森本 幸菜

2022/06/26

【ダメな土地選び】後悔しない家づくりで確認するべきポイント

 

岡山・倉敷・津山で建築家とおしゃれで高性能な注文住宅を建てるならBELLE HOME(ベル・ホーム)にお任せください!

 

こんにちは、ベル・ホーム 営業の森本です。

 

前回土地についてお話しさせていただきましたが、今回はその続きです。

 

皆さんが土地を選ぶ際、最も気になるかもしれない、周辺環境についてです。

近隣の騒音や、匂いなど、住み始めてから気づくのでは遅いですよね。

 

▼目次


・【用途地域】土地にもいくつか種類がある?

・【土地の形状も様々】同じ形、条件の土地はありません

・【ライバル出現】土地を探している人はたくさんいます


 

■【用途地域】土地にもいくつか種類がある?

用途地域とは、都市計画法に定める地域の一つで、住宅地・商業地域・工業地帯などに分かれています。

 

綺麗な街づくりをするために定められていて、13種類で構成されています。

 

【用途地域】

■第一種低層住居専用地域

■第二種低層住居専用地域

■第一種中高層住居専用地域

■第二種中高層住居専用地域

■第一種住居地域

■第二種住居地域

■田園住居地域

■準住居地域

■近隣商業地域

■商業地域

■準工業地域

■工業地域

■工業専用地域

 

百貨店などの商業施設が集まる地域だったり、工場しか建てられなかったり、限られた規模の店舗なら建てられたりと、それぞれに条件があります。

 

一戸建てを建築する場合には、基本的には第一種低層住居専用地域がおすすめです。

 

建物同士の距離を確保でき、日当たりや通風に優れる場合が多いからです。

ただ、コンビニやスーパーなどは建築できません。

 

周囲に第一種住居地域や準住居地域に設定されている場合があれば、少し歩けば商業施設があるけど、周辺一帯が第一種低層住居専用地域の場合はコンビニなど店舗まで歩くとなると遠くなります。

 

その他、準工業地域や工業地域でも住宅を建築することは可能ですが、主に工場が建ちならぶ地域なので、騒音など周囲の環境をよく確認する必要があります!

 

■【土地の形状も様々】同じ形、条件の土地はありません

間口(土地が道路に接している長さ)の広さは土地の使い勝手に大きく影響します。

 

例えば、道路に面している部分が2mほどの通路で奥まった部分に土地がある場合、その通路部分は駐車場や玄関アプローチにしか使えません。

 

こういった土地を旗竿地と言います。

 

一方、土地が四角形でその一辺が全て道路に接している場合、建物・駐車場の配置や、お庭の工事の自由度も高くなります。

 

このような土地を整形地と言います。

 

 

 

 

土地の形も様々で、変形地などの不整形地であれば日当たりや通風面でも劣ることが多く、

また、一般的にプランニングも難しいと言われています。

 

その点、整形地だとその心配がありません。ただ、価格としてはやはりデメリットの多い不整形地の方がお得に購入できます。

 

その辺りは予算と相談してみるのも良いかもしれません。

 

ベル・ホームの建物は決まった形が無く、建築家がそのご家族様に合った間取りをプランニングするため、変形地であっても、その土地を生かしたプランを得意としています。

 

実際に建築した変形地の施工事例もご紹介できますので、是非一度、展示場へご来場いただけたら幸いです。

 

■【ライバル出現】土地を探している人はたくさんいます

最後に、家を建てるための土地を探している人には、ライバルがたくさんいます。

 

不動産屋だけでなく、住宅会社もたくさん土地情報を知っています。

 

人気エリアや好条件の土地であれば、1~2日で無くなってしまうこともよくある話です。

 

お客様にとっての「良い土地」は、ライバルにとっても「良い土地」なので、

あっという間に購入されてしまうと考えておいた方が良いでしょう。

 

実際に、午前中に確認して空いていた土地がその日の午後には無くなっているという経験は何度かあります。

 

土地が少ないエリアとなると、情報が出たらすぐに無くなるため早い者勝ちです。

 

また、「もっと良い土地」とは中々出ません。

これ以上に良い土地が他に出てくるのではないかと待たれる方も多いと思います。

 

また、全く土地が無いエリアで空地や空家情報をずっと持っていても、

正直、『ないものはない』という状態です。

 

実は、お客様にオススメできる土地は2~3つあれば良い方です。

逆に土地がたくさんあるエリアで、あるだけの土地情報を出されたとしても迷ってしまうだけですよね。

 

たくさんある中でもお客様にとってベストな土地はプロであれば2~3件に絞ってご提案できるでしょう。

 

土地は「ご縁」です。

 

お客さまに提案した土地が、1ヶ月後も売れ残っているということなどほとんどありません。

 

“ここでも良いかな“と思える土地と出会えたら、幸運だと思います。

 

良いかなと思えた土地に対して、どのような家が建つかなと想像してみると家づくりが楽しくなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Welcome!Welcome!

まずはベル・ホームの家づくりを
「体験」してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら0120-960-9550120-960-955

STUDIO
SHOWROOM
© 2021 佐藤建設株式会社 Inc.